PTA広報誌・PTA新聞・PTA広報紙の作り方がわかる便利サイト PTA新聞の印刷屋さん 

センパイ座談会


広報委員長、広報委員のみなさんの座談会から

当社がPTA新聞の制作をお手伝いさせて頂いた、
大阪府・吹田市立豊津中学校の広報委員さんたちに集まっていただき
PTA新聞を作る上での楽しさや苦労、また当社へ依頼してどうだったか、など
率直な意見を伺いました。

元広報委員長
Nさん

元広報委員
Gさん

元広報委員
Tさん

元広報委員
Mさん




――広報委員さんは、全学年合わせると、何人おられるのですか?
広報委員長・Nさん「広報委員は全学年の全クラスに1人いるので、14人です。PTA新聞は学期ごとに年3回発行で、1学期は3年生のお母様、2学期は2年生のお母様、3学期は 1年生のお母様が作ります。14人では、多すぎて作業がやりにくいですし、学年ごとに分けると、集まりやすいのでは、と考えて分担することにしました。」
――今号は2学期に発行した新聞ですから、皆さんは、2年生の子どもさんのお母様なのですね。ところで、最近はPTA役員をあまり皆さんやりたがらず、なかでも広報委員は敬遠される役だとお聞きしています。どうやって決められたのですか?
Nさん「確かに広報委員は、やりたがらないですね。私はくじ引きで当たりました。」
Gさん「私もくじ引きで決められました。」
Mさん「私もくじです。」
Tさん「うちのクラスは話し合いでした。皆さん働いておられる方が多くて、昼間に活動できるのが私だけだったので、必然的に広報委員に・・・。
でも『広報委員は大変らしいよ』というウワサがあるだけで、担当していた人に聞くと「楽しかったよ」という声も聞いていました。」

――ほとんどご経験のない中、どのような手順で制作したのですか?
Mさん「表紙と裏のページは、行事などがあったので、Gさんが適当に紙面を割ってくださって、ここにはコレ、あそこにはコレを入れよう、というふうに、埋めていきました。
ただ、中面は少し困りました。1学期は、校長先生の挨拶や、新しく赴任された先生方の紹介などで埋まりますし、3学期は、卒業生を中心とした新聞になるのですが、2学期はあまり決まっていないので、どうしようかと。
過去の新聞を見ると、中面がアンケート特集のものがあったので「これにしよう」ということになりました。本当に何もないところから、皆で協力して作り上げた、という感じです。」

次ページ(2/3) > > >

現在ページ(1/3)






私たちがお手伝いします! PTA新聞の印刷屋さんスタッフ一同

PTA新聞の印刷屋さんスタッフ一同

お問い合わせ

作り方や料金など何でもご相談ください。

お問い合わせはこちらまで

はじめての方はこちら

PTA広報誌作成マニュアル

営業時間

受付時間:9時30~18時
定休日:土・日・祝

プライバシーマーク

加盟団体
・(社)日本グラフィックサービス工業会
・吹田商工会議所

▼PTA新聞の印刷屋さん サイトマップ

コンテンツ
はじめての方へ
広報誌の作り方
印刷会社をお探しの方へ
交流広場
PTA会長必見
会社情報・その他
会社概要
特定商取引法について
利用規約
個人情報の取り扱いについて
お問い合わせ

PTA新聞の印刷屋さん トップページへ