ついでにPTA広報誌って? | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

ついでにPTA広報誌って?

 PTA活動の最も重要な柱であるPTA広報誌作りの何たるかをインターネットで調べてみました。意外や意外、「児童・生徒と教師、保護者をつなぐ媒体として広まった」としか書かれていないのです。ちょっとショックでした。
 
 実際のところ、PTA広報誌はどのようなものと位置づけられているのでしょうか。

 
新聞 新聞と呼ばれるものには、いろんなジャンルがある。私がいた毎日新聞のように、読者に買っていただいて成り立つ新聞を商業紙といいます。この中には情報の全ジャンルを扱う一般紙から専門分野の情報のみを扱うスポーツ紙、経済紙などがあります。ほかに業界紙や政党、労働組合の機関紙や学術専門紙などというのもあります。発行される頻度から日刊紙、週刊紙、月刊紙、季刊紙、年刊紙といった分類もあります。
 
 ではPTA広報誌は、どんなジャンルに属するものなのか。私はPTAという組織が定期的(学期ごと=季刊)に発行する機関紙、と考えています。PTA広報誌にどんな内容の記事を掲載するかの判断とからんで、この位置づけは大事なことなのです。
 
 さて、新聞にはジャンルを問わず求められる使命がある。それは「読まれてなんぼ」を達成することです。PTA広報誌とて例外ではない。
 
 誰もが読みたくなる、興味をひかれる記事を書き、掲載する。新聞の役割はこれに尽きる、といっても過言ではありません。
 

 

category:未分類 | at 12:06 pm | Comments (0)

« »