最後に | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

最後に

  いよいよ最後になりました。

 
 最後は、いい文章を書くため、日々、どんな努力を重ねたらいいのか、に触れます。といって、妙薬があるわけでも、極めつけの方法があるわけでもありません。
 
 ひとつは「楽しく読める書物で名文に親しみましょう」です。二つ目は「名文を書き写し、社説をなぞってみよう」です。そして三つ目。「日記を書き、文章力を鍛えよう」です。
 
 「良い文章を暗記する。暗記するために書き写すという練習は、パソコンやワープロ時代には忘れ去られてしまっているけれども、文章を勉強するためには、大いに役立つ方法だろう」(板坂元「極めつきの文章読本」)
 
 「明治の作家、樋口一葉は、厖大な量の日記を書き残した。彼女は文章を書く練習のつもりで書き始めたのであったが、後期のものには著しい文章上達の跡が認められる。(中略)書く習慣をつけることが、文章練達の近道である」(塩田良平「文章の作り方」)
 
 先達二人の主張も、「三つの努力」の大事さを語ってくれています。よく読み、よく書く。そして、読み、書くことを好きになってほしい。
 
 遠回りなようで一番の近道が「三つの努力」であると、再度言って講座を終えたいと思います。  ありがとうございました。
0428_3
 

 

category:未分類 | at 11:08 am | Comments (0)

«