さあ書くぞー【9】帰納法と演繹法のハ=前文と本文 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

さあ書くぞー【9】帰納法と演繹法のハ=前文と本文

  「まず結論ありき」の演繹法が多い新聞記事にあって、もう一つ大事なのは「長文の記事を書くときは、まず冒頭に、記事全体を要約する形の前文(リード)を置く」という書き方を覚えておくことです。

 
 お手元に購読中の新聞朝刊を置き、1面のトップ記事をみてください。朝日、毎日などの場合、まず右肩に題字があって、次にトップ記事の見出しがきます。そのあとに、1行に30文字ぐらいを使った、10行前後の比較的短い原稿が入り、さらに、詳しい記事が続きます。「10行前後の比較的短い原稿」を「前文」といい、ここで、記事全体の概要、読者にぜがひでも知ってほしいことを簡単にまとめて書いているわけですね。つまりは、ここを読むだけで「何を書くか」がわかるようになっている。「まずは書かんとすること、いうなら結論」がある演繹法の典型が「前文」方式。「本文」はこれに続きます。
 
 このブログを始めるにあたって、いくつかのPTA新聞を手にしました。1面トップ記事の多くが、見出し、前文、本文のスタイルをとってはいます。0921しかし、大半はレイアウト上そのようにしているだけ。「前文」が記事全体の概要になっていないのです。
 
 今日も、明日も、新聞朝刊1面に目を向けてください。前文がどの部分を指すかをチェック、前文と本文の内容的な差をつかむのです。そこがわかれば、もう書けますよ。
 
 
 

 

category:未分類 | at 17:20 pm | Comments (0)

« »