PTA広報紙1分半うんちく-第五話-「未曾有」が読めなかった総理大臣 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

PTA広報紙1分半うんちく-第五話-「未曾有」が読めなかった総理大臣

 ある大学の先生の話です。
 
 「案の定」と黒板に書き、読みを生徒に聞いたところ、答えは「あんのてい」だったそうです。逆に「あんのじょう」を漢字で書かせたところ、答えは「案の上」。先生は「最近の大学生の国語力は中学生以下に落ちているのではないか」と嘆いておられました。
 
 しかし、これなどはまだしも。自民党が歴史的な惨敗を喫し、政権を明け渡した09年の日本の政界では、これ以上の深刻な話で揺れました。
 
 その元凶の一人は、秋葉おたくに絶大な人気を誇ったはずの総理大臣です。あるときの演説で、原稿にあった「未曾有(みぞう)」を「みぞうゆう」と読んで失笑を買いました。また、同年8月の長崎平和祈念式典あいさつでは「癒すことのできない傷跡(きずあと)」を「しょうせき」と読んでいます。
 
 もう一人は、民主党政権の要に座った平野官房長官でした。定例の記者会見で「誘拐(ゆうかい)」を「ゆうわく」と読み、新内閣で初の笑いものになりました。

 
 当たり前の漢字が読めない、中学校で習うはずの漢字が書けない、という事実はその人の評価に相当の影響を与えます。0705_02みぞうゆう総理は、これでトップの座を降りることになったのですから。国語力は表現力の基礎。さて、あなたの基礎は?
 

category:未分類 | at 11:03 am | Comments (0)

« »