いざ取材―取材段階から5W1Hは大事【2】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―取材段階から5W1Hは大事【2】

 駆け出し記者だったころ、同期入社で仲のよかった記者がひそかに続けていた「取材の準備」を、今、思い出しています。
 
 彼は事件現場に向かうときの移動の車の中で、大学ノートを広げ、1ページを6分割し、等間隔に五つの「W」と、一つの「H」を書き込みます。現場に着くと、周辺で見たことや聞いたことを、それぞれの項目に分けてメモしていくのです。自分が得た情報を、取材段階から「これはWhyの要素」「こちらはHowの要素」と、分類・整理しストックしていくわけです。記事にする段階となると、これがすこぶる威力を発揮します。
 
 そのころ私は、取材したものをノートの上から下へ、順番に書き連ねていました。これだと、自分がどこになにを書いたのかがわからなくなるのもしばしば。彼の「隠し技」を知ったとき、正直「やられた」と思いました。そして数日後の事件現場で、彼をそっくり真似る自分を見つけたのを覚えています。
 

0621 彼は、企画性の高い記事の取材でも同じような準備をして、取材先に出掛けていました。簡単なようでいて、なかなかできない「5W1Hの事前準備」。それを、取材段階から大事にする好例だと、私は今でも思っています。いろんな場面で、あなたもぜひ真似てみてください。これまでにない成果がもぎ取れるはずです。
 

category:未分類 | at 16:04 pm | Comments (0)

« »