いざ取材―写真はどうする【2】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―写真はどうする【2】

 二つ目の「撮る構図」です。一眼レフでファインダーをのぞきます。そこには地平線や、何本かの横にはしる線が見えるはずです。これら線と、ファインダーフレームの横枠とが平行になっている、というのが構図の基本です。
 
 多くの写真を使ってグラフを組んだPTA新聞をよく見かけます。こんな中に、構図の基本を忘れた写真が二、三枚混じっていたりします。こうなると、せっかくのグラフも落第ですが、「構図の基本」さえクリアできれば、あとは意のまま。対象物の全景、近景、クローズアップなどさまざまな図柄を押さえる。縦位置で撮り、横位置でも撮る。ファインダーをのぞいていて、「ここは」と思う瞬間がシャッターチャンスです。そこのところを自由自在に切り取ってください。あなたの感性のままに。
 
 一点だけ注意しなければならないのは、児童・生徒のクローズアップ写真です。最近では、安全とプライバシー保護の両面から取り扱いが大変デリケートになっています。撮影するのは一向に構わないとしても、「いざ、掲載」の場面では、学校とその可否を話し合ってみましょう。そして、その結論に従うことです。
 
 姿勢と構図―写真についてはこれで終わりです。次回から、書く作業ではもちろん、取材段階でも大事な「5W1H」のはなしです。
 

0524_01

category:未分類 | at 14:00 pm | Comments (0)

« »