いざ取材―写真はどうする【1】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―写真はどうする【1】

 これまで書いてきたインタビュー記事の作り方や座談会取材のあり方などの部分でも、写真について少しは触れました。そんな断片を、ここでまとめておきますね。とはいいながら、私は写真を撮るのが大好きなだけ。その道のプロではありません。過去の取材での撮影経験と、先輩写真記者に折に触れて教えてもらった撮り方のイロハを、自分なりに総括してみます。
 
 「写真の撮り方」で押さえておくべき点は二つ、と先輩から何度も聞かされました。一つは「撮る姿勢」。二つ目は「撮る構図」です。最近はいろんな形のデジカメがあふれ、携帯でも写真は取れるので、撮る姿勢の大切さを口にすると「何、それ」って言われそうですが、でも、姿勢はビシッと決めないと、と思います。

 
 体がよろけないよう、足を中股(ちゅうまた)に開き、そこから被写体に向かって半身に構えます。一眼レフの場合、その姿勢からカメラのボディを持つ左手をわきにぴったりつけ、右手人差し指をシャッターにおいて構えます。0520_02シャッターを押すときにブレない構えです。シャッターを押すときは呼吸を止めて―もポイントです。
 
 写っている構図をレンズの後ろからみるデジカメが多いので、カメラを体から離して撮るのが一般的になっていますが、これだとブレが多く、うまく決められません。
 

category:未分類 | at 17:07 pm | Comments (0)

« »