いざ取材―インタビューの場合【3】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―インタビューの場合【3】

 
 インタビュー取材の3大準備が終われば、いよいよ取材本番です。
 
 まずは約束した時間に遅れないように。担当者が複数のばあい、こんな当たり前のことでつまずくことが結構あります。ただでさえ緊張を強いられる取材に遅刻でもしようものなら、頭が真っ白になって、そこでアウトです。
 
 取材のテーブルに着きました。ここからは、対象者が気楽にしゃべることができるような雰囲気作り、工夫が大事になってきます。お互い緊張しているわけですが、インタビューアーはこれをまずほぐすことから始めます。本題にすぐ入るのではなく、気候の話など雑談を続けながら、話しやすい雰囲気を作っていきましょう。
 
 限られた時間内で取材を終えなければならないのですから、取材テーマに関する資料、印刷物などがあれば可能なかぎりいただいて帰るようにします。とはいえ、取材対象者が見せてくれるデータのすべてがいただけるわけではありませんから、了解を得たうえで、手元のカメラで記録することも必要になってきます。

0520_01 
 執筆はそれほど難しくありません。綿密な準備さえあれば、取材に当たった委員さんのメモ付き合わせ、それにしたがって書き起こすだけ。書く分量によって中味をはしょる作業が必要になるので、そこだけは注意、です。
 

category:未分類 | at 16:58 pm | Comments (0)

« »