いざ取材―PTA広報紙のアンケート調査の場合【3】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―PTA広報紙のアンケート調査の場合【3】

 アンケート調査取材の最終回は「記事にする場合の注意事項」です。
 
 記事にする場合、「誰に聞いたか」という調査対象、「何人に聞いたか」という調査規模、そして回収率(回答率)、調査実施時期を必ず書き込んでください。調査の信頼性を示すうえで、記事の絶対条件です。アンケートと称しながら、これらを明記しない記事をよく見かけますが、これは落第。信頼するに足りない記事、ということになります。
 
 それと、数字を記事にする場合、回答の実数、つまり「回答者○人中○人が~」といった書き方はいけません。あくまで割合でとらえ「○パーセントが~」「○割が~」とすべきです。どうしても「回答者○人中」を使いたい場合でも「回答者○人中約半数が」といった形にとどめてください。

 
0405_02 記事とは別に、アンケートの集計結果をビジュアルに見せるため、グラフ化を心がけるのも大事です。円グラフ、折れ線グラフ、棒グラフ、帯グラフなど、いろいろありますので、用途に応じて使い分けてください。写真も1、2枚あるといいですよ。
 
 調査結果の記事化とあわせ、専門家にその数字を見せ、コメントを求めるなどの工夫も、ときにはあってもいいですね。記事の説得力がそれだけ増しますから。ただし、コメント料が必要な場合もありますので注意が必要です。
 

category:未分類 | at 12:23 pm | Comments (0)

« »