いざ取材―学校以外の場所で取材の場合 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―学校以外の場所で取材の場合

 今回は、学校以外の場所で取材をする場合、に触れてみたいと思います。
学校は、PTA広報委員の皆さんにとっては、いわば身内といってもいい場所。多少ミステークがあっても笑ってすませますが、学校以外となると、そうはいきません。相手の仕事場に入り込むのですから、取材の了解取り付けも相当大事です。
 
 児童・生徒が学校近くのスーパーマーケットで社会体験学習をする、といったケースを取材するとします。事前にスーパーと連絡を取り、①当日は何時ごろ、誰と誰、計何人がうかがう②児童・生徒と担当者との触れ合いが中心テーマ、といった取材の視点③紙面に使う写真の枚数―などを伝え、取材の了解を取り付けます。あわせて、記事にする際に触れて欲しくないこと、写真撮影して欲しくない点などはないか、を詰めるのも必要です。
 
 取材現場では、一つの話を複数の広報委員で聞くようにし、内容を克明にメモします。現場で何を聞くか、を事前に煮詰めておくことが大事なのはいうまでもありません。

 
取材_スーパー 社長名、従業員数、売上げ、店舗面積など、スーパーに関する資料、印刷物があればもらっておきます。細かい点は忘れがちだし、人名を記事に書き込む場合などに役立ちます。また、連絡先を聞き、事後取材に応じてもらえるよう了解を取り付け、取材の足らざるに気づいたらすぐに連絡を取って補強取材する、といった心構えも大事です。
 

category:未分類 | at 14:14 pm | Comments (0)

« »