いざ取材―学校行事取材の場合 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―学校行事取材の場合

 PTA新聞にとって、学校という取材現場は「ネタの宝庫」です。勢い、ここで取材することが多くなるのは当然で、学校を舞台とした取材の良し悪しが、紙面の良し悪しに直結します。卒業式、入学式という学校行事でもっとも大きなものを例にとりながら、取材の進め方を説明していきましょう。
 
 まず、取材の前提として、式の取材に伺うことを学校側に連絡し、了解をもらっておくことが大事です。何人で取材するか、カメラをどの程度持ち込むか、なども連絡しておいた方がいいでしょう。

 次は事前準備です。式がどのような段取りで進むのか、をきっちりと把握し、メモの形で残しておいて取材現場に持ち込みます。この過程で、どんな場面でどんな写真が撮れるのかも見えてきます。逆にこれがないと、進行状況をメモするのに追われ、写真撮影も場当たり的になって、いいものが撮れません。また、式に関する資料、印刷物があれば入手しておきます。取材_準備時間がたって細かい点を忘れたりしたとき、人名を記事に書き込む必要がある場合などに役に立ちます。この準備さえあれば安心です。
 
 実際の式では、進行を妨げない取材態度、スタンスが大事です。写真撮影は、事前準備に従って撮影ポジションを確保し、あまり動き回らなくてもいいようにしましょう。
 

category:未分類 | at 14:06 pm | Comments (0)

« »