いざ取材―PTA会長や校長などに原稿を依頼する | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―PTA会長や校長などに原稿を依頼する

 前回、自ら取材するのと、人に原稿を依頼することの差に触れました。まずここで、原稿を依頼する場合はどうしたらよいか、を考えてみましょう。
 
 原稿の依頼は電話で済ましてもいいのか、訪ねてお願いすべきなのか。できれば訪ねてお願いするのがいい、と私は思っています。PTA新聞が原稿を依頼する相手は、学校長、PTA会長、あるいは同じ地域に住む著名人などが中心で、訪ねるのに時間がかかるなどの障害はないケースがほとんど、です。あらかじめ電話などで訪問の簡単な趣旨を伝えた後に先方を訪ね、その方の原稿を必要とする趣旨を説明して了解を得るのが一番、です。
 

 趣旨説明にからんで忘れてはならないのが①どんなテーマで書くか(原稿の内容)②どの程度の分量にするか(原稿の分量)③いつまでに書いて欲しいか(締め切り)取材_原稿依頼④完成した原稿の送り方(手書きの原稿を受け取るのか、パソコンで送ってもらうのか)⑤その方の写真を掲載するか、するならどの写真を使うか、こちらが撮影するか、その方からお気に入りをお借りするか-をきっちり詰めることです。これをしないと、せっかく頼んでも何の意味もない原稿になってしまいます。
 
 そして、双方が合意して決めた原稿締切日の直前には、相手方と連絡を取り、原稿の出来具合、進捗状況を確認するとともに、重ねて「よろしく」と念押しをすることです。
 

category:未分類 | at 14:01 pm | Comments (0)

« »