いざ取材―そのイロハ | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

いざ取材―そのイロハ

 PTA新聞にふさわしいテーマあれこれ、少しはわかってもらえたでしょうか。
 
 今回からは、テーマに沿って、何を、どう取材するか、に入っていきます。
 
 記事を書くには、書くに足る材料が必要です。そう、書く材料を集める(取る)、それが取材、なんです。自らが必要な場所に出掛け、そこで繰り広げられる出来事を記事にするのも取材なら、必要な原稿を必要な人に書いてもらう段取りをつけるのも取材です。
 
 PTA新聞の場合の取材のパターンは、おおまかにいって、学校行事の取材、学校以外の場に出向いての取材、アンケート調査を主体とした取材、特定の人物に対するインタビュー取材、座談会を企画しての取材、そして、前述したような原稿を依頼するという形での取材、といったあたりに分けられるかもしれません。
 
 それぞれを、取材という名でくくってはいますが、取材の方法、取材の進め方はかなり違います。自ら取材するのと原稿を書いてもらうことの差、からでもそれはわかります。
 

syuzai それぞれの取材の方法、進め方は次回から詳しく説明するとして、どんな場合でも必ず必要なのは、取材の道具そろえです。取材ノート、カメラ(フラッシュ付)、筆記用具は最低限の準備。取材対象者の発言を克明に記録する録音装置なども、今や必需品といえるかもしれません。これらをそろえ、取材にいざ出発、です。
 

category:未分類 | at 17:28 pm | Comments (0)

« »