PTA広報紙1分半うんちく-第二話-日本語はどこからきたの?【Ⅱ】 | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

PTA広報紙1分半うんちく-第二話-日本語はどこからきたの?【Ⅱ】

 先週、書いた万葉仮名の文学作品、万葉集、古事記、日本書紀などは西暦700年代前半から中期までのもの。奈良に都(平城京=710年)が置かれた後に完成をみます。その万葉仮名というのは、実は漢字そのものなんですね。音を表す記号として用いられたのです。いわゆる「表音文字」というやつです。
 
 ただ、日本人がすごいのは、輸入した漢字を表音記号として使うだけでは飽き足らず、さまざまな創意工夫をこらして日本語を作っていった点です。平安の女性たちが、漢字をもとにしながらも、これを徹底的に簡略化したひらがなを創作。男言葉としてのカタカナまでが創作されました。こうした漢字の創造的加工がなければ、源氏物語も枕草子も、土佐日記だって生まれなかった、といえるでしょう。
 

kana すごいのは、これだけではありません。
 
 中国製の漢字とは一味違った漢字をも創造しました。いわゆる「国字(こくじ)」と呼ばれるもので「凪」「働」「畑」「峠」「裃」といった漢字がそれです。医学用語の「腺」「胃」「肛」もそうです。さらに「俗字」といって、「燈」から「灯」を作ったり、「略字」といわれるもので、「歳」から「才」を、「蟲」から「虫」を作る離れ業までやってのけました。
 
日本語ロードの終点で、漢字は大きな変化、進化を遂げ、私たちの言葉になったのです。
 

category:未分類 | at 13:43 pm | Comments (0)

« »