最初は企画[12]-PTA新聞で採り上げたら面白いテーマあれこれのヘ- | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

最初は企画[12]-PTA新聞で採り上げたら面白いテーマあれこれのヘ-

 アンケート調査に続く「卒業式の切り口」として、「母たちの卒業式での服装は-ファッション特集」といった企画はいかがでしょう。

卒業式ファッション 
 親(特に母親)にとって、周りの親たちがどんな服装で式に出席するか、とても気になるようです。和服なのか、洋服なのか、色はどんなものが多いのか、などといった具合です。こんな母たちの興味、悩みに答えるべく、実際の卒業式場で見た服装のいろいろをカメラに収め、特徴的な何点かをピックアップしてちょっとしたコメント付きで掲載するのです。いわば、母親の目線に乗っかった企画といえ、子供たちに向きがちな紙面にアクセントをつける意味でも面白い視点です。
 
 また「卒業生担任~1年間のエピソードインタビュー」という企画も面白そうです。
 
 卒業していく子たちの担任を務めた先生すべてに「この1年で、最も記憶に残った、心に残ったことは何ですか」と、広報委員が手分けしてインタビューするのです。親にとって、また卒業生自身にも興味ある事実を引き出すことができるはずです。いいエピソードも悪いエピソードも、さらっと掲載しましょう。ただし、紙面化にあたっては、固有名詞を避ける、えこひいきが露骨に出るような表現は避ける-の2点に留意してください。
次回も切り口紹介を続けます。
 

category:未分類 | at 16:33 pm | Comments (0)

« »