最初は企画[8]-PTA新聞で採り上げたら面白いテーマあれこれのロ- | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

最初は企画[8]-PTA新聞で採り上げたら面白いテーマあれこれのロ-

 前回に続き、三つの分野のテーマに関する説明です。
 
 まず、「学校行事および校内問題」に関するテーマの追加。お弁当あれこれ、英語教育のありかた、不登校問題、性教育、給食、校則の各問題は、この分野に入りますね。
 「教育全般の課題」の分野に含まれるテーマは、友人関係、家庭での学習、学童保育、学級崩壊の実態、休日の過ごし方、子供の就寝時間、親子の対話、子供の非行、いじめ、携帯依存、なりたい職業、偏食、メール、塾と習い事、クイズ、朝食、食の安全、お小遣い、英語・漢字検定、パソコン、ゲーム、書籍、お年玉、歯の矯正、あいさつ、マナー、などなど。実に多彩ですね。
 
 また、「教育的観点からみた社会・地域問題」の分野に含まれるテーマは、子供の遊び場、地域の危険箇所、校外学習、中学受験、進路、生活習慣病、俗悪テレビ番組、ジャンクフードの現状、ニート、共働き、日本の伝統行事、インターネット、地域の行事、ボランティア活動、環境問題、防災準備、リサイクルと、こちらもまたたくさんあります。
 
 しかもこれらは、ほんの一例に過ぎない。広報委員として、また子を持つ親の立場からみて、「これは」というものやアプローチが可能なテーマがまだまだあるはずです。
 
 それらを大胆に盛り込んだ紙面がニーズにあったベストなもの、といえるでしょう。
e38386e383bce3839e

category:未分類 | at 16:09 pm | Comments (0)

« »