文章は苦手、という広報委員さんにアドバイス[2] | 元・毎日新聞敏腕記者  長谷川 信正による|PTA新聞の印刷屋さん

印刷屋さんをお探しの方へ

一分半の文章力向上講座

お客様の声&実例集

イラストダウンロード

広報委員さんde座談会

PTA広報誌と楽しく向き合う方法

小冊子無料進呈

PTAブログ広場

プロフィール

プロフィール

長谷川 信正

1943年生まれ、福島県会津若松市出身。
早稲田大学第一文学部国語国文学科を卒業、毎日新聞社に入社。
事件、行政、教育分野などを担当。デスク時代には文章教室の講師などを務めた。また、朝のワイドニュース番組にコメンテーターとしてレギュラー出演、やさしい語り口で人気を集めた。
退職後は、著述業を中心とする「NH企画」を設立。記者時代の体験と文章力を生かした講演・執筆活動のほか、最近は「経営者のための文章講座」を開講、若手経営者らに好評を得ている。

はじめて来られた方へ

文章は苦手、という広報委員さんにアドバイス[2]

 
 前回、「メールも新聞記事も同じ」という趣旨のことを書きました。レター 
 「ばかな。同じであるわけがない」と笑われそうですが、そんなことはない。
書く内容とか、読む対象者が違う、といったことはあるにせよ「文章を書く」という点では、まったく同じです。だからメール好きのあなたは、まるきり書けない人ではないのです。
 
絵文字 ただ新聞記事の場合、メールでは当たり前の手法や、それぞれお得意のものを持っている「絵文字」を書き連ねるというわけにはいきません。メールは特定の親しい人しか読まない文章ですが、新聞記事は不特定多数の人が読む文章だからです。
 
 読む人がある程限定されるPTA新聞でも、メールとは比較にならないほどの多くの人が読むわけですから「万人に共通の表現ルール」に乗っかって書くことが求められることになります。そこのところが多少違うといえば違う。
 
 「万人に共通の表現ルール」などと、すこし難しい言い回しをしましたが、顔をしかめないでください。みなさんが日ごろ読んでいる日刊新聞が採用している書き方とそのルール、と思ってもらえばいい。これらの新聞は、記者たちに「中学一年生でも読み、理解できる記事を書け」といっていますから、難しいことはひとつもありません。
 
 そんな表現ルールさえ頭にたたきこめば、あとは簡単です。
 

 

category:未分類 | at 12:00 pm | Comments (0)

« »